as i amとは

 
Brand Message
そのとき、もっと自由に
一歩一歩、ありのままに、
今日嫌いだったところも、昨日哀しかったことも
このシューズで前に進む
「主役はわたし」
自分らしく生きる
〝 そのとき、もっと自由に 〟
 - step by step - as i am


Brand Story
as i amのクリエイティブディレクターを務めている黒田真友香です。
普段はインフルエンサーやモデルを中心に活動をしています。
 
as i am はLサイズ以上のレディライクシューズをメインに取り扱うシューズブランドです。
私自身が足のサイズ26cmあることによって経験した、様々な哀しさや辛さ、同じ境遇の方々に少しでも手を差し伸べればいいな、という思いでスタートしました。
 
モデル活動をしている時は用意していただいた靴が入らず、ブーツなんかはビニール袋を履いて滑りをよくし、無理やり足を突っ込む毎日。

あの靴可愛いな、なんて思ってもサイズが無いことは日常茶飯時で、ダメ元で店員さんに「1番大きいサイズ試着させてください」とお願いしてはやっぱり小さくて諦める日々。

どうしてもその靴が履きたくて買ってしまい、無理矢理履いて足が血だらけになった事もありました。
 
あなたも同じ経験、ありませんか?
 
そして自身のSNSで「足のサイズが26cmある」と公表した時、同じ悩みを持つフォロワーさんからたくさんのメッセージをいただきました。

「私も入る靴が無くて困ってます」
「真友香ちゃん靴どこで買ってますか?」

ここで私は、同じ悩みを抱えた方がこんなにも沢山いるんだ!と肌で感じました。
そしてその方達にインフルエンサーとして少しでも役に立ちたいと思い、自分のシューズクローゼットの中身を紹介したり、足が大きいというコンプレックスを全面にSNSで発信していきました。
 
すると
「真友香ちゃんのおかげで可愛い靴が見つかりました」
「同じ悩みがある人が他にもいると知れて嬉しい」
 
中には靴を試着しては足が大きくてサイズが合わず、涙を流して足を小さくする手術を受けることまで考えていたけど、私の発信にたどり着いて靴選びが楽しくなったとのメッセージもいただきました。
 
自身だけではなくたくさんの方たちが同じ悩みを抱えている。

そこで私は大きいサイズを限られた選択肢の中から必死に探すのではなく、
どの靴を選んでも自分のサイズがあるという環境。

足の大きい人たちにスポットライトを当て、わたしたちが主役になれるブランド。
Lサイズ以上の靴の選択肢を広げ、同じ悩みを持っていた方たちの心の拠り所になり、生まれ持った個性を愛せるようになるお手伝いがしたいという思いが強くなりました。

このブランドとの出会いで、
足が大きい=コンプレックス

という考えの方を1人でも減らせるようになりたい。
そんな願いを込めて、靴のデザインを手がけています。